紫外線~太陽との上手なお付き合い~

はじめに
 近年、紫外線という言葉をよく聞く。紫外線の浴び過ぎはシミ・そばかすの原因となる、という話はよく知られている。しかし紫外線とは何なのかきちんと知っている人は意外に少ないのではないだろうか。またシミなどの他にも紫外線に起因した影響はないのか?紫外線のマイナス面ばかりが指摘されているが、プラス面もあるのでは?これらの疑問に加え、身近な紫外線対策として知られる日焼け止めに着目し、下記のことについて調べた。
 紫外線についてよりよく知ることで、太陽と上手に付き合っていきたいものである。
(1)紫外線の種類
 紫外線というのは目に見えない光である。光であれば当然波長を持つ。紫外線も波長の長さによって3 種類に分けられる。

UV - C・・・大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しない。
UV - B・・・ほとんどは大気層(オゾンなど)で吸収されるが、一部は地表へ到達し、皮膚や眼に有害である。日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因となる。
UV - A・・・UV - B ほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康影響が懸念されている。
(2)紫外線の強さ
 日差しが強ければそれだけ紫外線の強さが大きく、日の長い時期は紫外線の量が多くなる。また、北よりも南の方が多いということもわかる。紫外線は、季節別に見ると、夏に強く冬に弱くなる。また、時刻別に見ると、正午前後、正確には各地区で太陽が最も高くなるとき(南中時)に紫外線は最も強くなる。
(3)紫外線の体への影響
 紫外線はシミ・そばかすなどよりもっと恐ろしい病気を引き起こす。
1.皮膚がん
 通常、紫外線によって皮膚の細胞が傷つけられると修復される。だが紫外線を浴び続けると、修復が追いつかず細胞ががん化する。
※日本人などの有色人種は白人種に比べて紫外線の影響が少ない。

2.白内障
 目の中の水晶体が濁り、物が見えにくくなる。白内障は様々な原因が重なっておきる。
 だが紫外線量の多い地域と少ない地域では有病率は異なる。例えば、シンガポールはアイスランドの約2 倍の有病率である。なお、紫外線照射量は約5 倍。

3.翼状片
 白目が翼状に黒目に進入し、異物感乱視を生じる。戸外で活動する者に多発している。また同じ地域でも紫外線曝露量の多い人ほど罹る割合が高い。

4.免疫機能
 皮膚には多くの免疫細胞が存在する。そのため紫外線を浴びすぎると、免疫機能が抑制されると考えられている。動物実験では、紫外線照射が感染症の増悪に影響することが示されている。

5.紫外線のプラス面
「太陽に当たると健康になる。」なんとなくそんなイメージが有るのではないだろうか?やはり紫外線にもプラス面は存在する。
①血液の循環を良くする
②ビタミンD の合成、蓄積これによって骨の発育が促進される。またクル病の予防となる。
③殺菌効果。紫外線には強い殺菌効果がある。紫外線によって雑菌を消毒し皮膚を清潔に保つことができる。
 しかし、これらの効果を得るために日光を浴びる時間は1日15分程度で十分なのである。
紫外線~太陽との上手なお付き合い~ その2